先日、姉のいる施設に行ったとき、整理箪笥の上にちょこんと座っているぬいぐるみの猫が少しも鳴かないのに気がついた。猫ちゃん静かやなあといったら姉が多分電池切れやと寂しげ。相方が「ぼくが電池を買いに行きますわ」とすぐに近くにあるスーパーへ走った。
もどってきて電池を3個交換したらすぐにニャーと鳴いたからホッとした。

姉も車買取で喜んだのでよかったが、買った電池は4個だったから1個は持って帰った。その1個を相方が机の上に置いたのを、わたしは使い古しの電池と勘違いしていつも使用済みを入れている容器に放り込んだ。

さて、今日になって「机の上の電池はどうした?」と聞かれて、そこの箱の中と返事したら「あれはサラやで、使用済みと勘違いしたな」と箱を見たらパナソニックのアルカリ乾電池が合計2個あった。「どっちや」「知らんがな」とやりとりしてから、もしかして調べ方があるかもしれないと「電池の見分け方」で検索した。