店の外観は写真二枚目の通りで、ご覧の通り古びた店構えに大きな赤提灯が提げられて、いかにも昭和の風情です。
特段珍しいお酒も料理もあるわけでもないのですが、昔の登戸を懐かしむ常連さんたちが毎夕集まって狭い店内はすぐに満席、おかみさんと世間話に花を咲かせます。

皆さんそうだと思いますが、帰宅途上で電車を降りてから居酒屋に入ることは実のところほとんどありません。
今回わざわざ入って一杯やったついでにおかみさんに伺ったところでは、当面は店を開け続けるつもりだそうですが、それも大家さん次第とのこと。いつまでかはわかりませんが、それまでに何回か立ち寄りたいと思います。

とある牛丼屋さんで。

「こちらの入り口は出口専用となります」だそうですが、それは車買取の入り口と呼ばなくてもよいのではと思いました。